カテゴリ:個人輸入の商材解説

個人輸入の商材解説のカテゴリ記事一覧。
No Image

個人輸入の商材解説
レッドブル(RedBull)の関連商材の輸入についてレッドブルの輸入といっても、レッドブルのドリンクを輸入するわけではなく(笑)レッドブルの関連グッズやそのノベルティグッズを輸入して稼ぐための知識になります。レッドブルのドリンクを輸入して販売しても儲かりませんが、その関連グッズやノベルティグッズは、ヤフオクでたくさん取引がされており、レッドブルの関連商材は輸入ビジネスで稼げる(儲かる)商材の一つになりま...

記事を読む

個人輸入の商材解説
マイセン(MEISSEN)の輸入についてマイセンは、ヤフオクのカテゴリでいうと、・アンティーク、コレクション > 工芸品 > 陶芸 > 西洋陶磁 > マイセン・住まい、インテリア > キッチン、食器 > 食器 > ブランド別 > マイセンこの二つのカテゴリで取引がされています。上記のように、二つの大カテゴリの下に「マイセン」というブランドカテゴリが存在するほど、日本国内でもその需要があり、多くの取引がされている商材です。今日は...

記事を読む

No Image

個人輸入の商材解説
ファイヤーキング(FIREKING)の輸入についてヤフオクのカテゴリでいうと、「アンティーク、コレクション > 雑貨 > ファイヤーキング 」のカテゴリで多く取引されているファイアーキング。今日はそのファイアーキングを個人輸入し、輸入ビジネスで利益を出していくために必要な知識を解説していきます。ファイヤーキング(FIREKING)の主な販路・ebay仕入れ→ヤフオク販売・ebay仕入れ→ネットショップ販売基本的にファイアーキング...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 カテゴリ
 タグ
None

レッドブル(RedBull)の商材の輸入で稼ぐための知識


レッドブル(RedBull)の関連商材の輸入について




レッドブルの輸入といっても、レッドブルのドリンクを輸入するわけではなく(笑)
レッドブルの関連グッズやそのノベルティグッズを輸入して稼ぐための知識になります。

レッドブルのドリンクを輸入して販売しても儲かりませんが、
その関連グッズやノベルティグッズは、ヤフオクでたくさん取引がされており、
レッドブルの関連商材は輸入ビジネスで稼げる(儲かる)商材の一つになります。


ヤフオクのカテゴリでいうと、

「アンティーク、コレクション」

「自動車、オートバイ」

「スポーツ、レジャー」


この辺りで、特にレッドブルの取引が多く行われていますが、
他のカテゴリでもレッドブルに関連する商材は取引されており、
その需要はかなり大きいと見て間違いなさそうです。

今日はそのレッドブル(RedBull)の関連する商材を個人輸入し、
輸入ビジネスで稼いでいくための知識をお伝えしていきます。



「レッドブル(RedBull)の関連商材の主な販路




・ebay仕入れ→ヤフオク販売
・ebay仕入れ→ネットショップ販売



この2つが主な販路となる。

他の販路でも売れないことはないが、
特に「ebayで仕入れてヤフオクで売る」という販路が
レッドブル関連商材を販売する上で相性がよく、稼ぎやすい。



レッドブル(RedBull)に関する基礎知識




レッドブルは、オーストリアのRed Bull GmbHが販売する清涼飲料水のこと。

レッドブルはもともと、「Krating Daeng」の名前でタイで開発されたが、
1984年にオーストリア人のディートリヒ氏が国際的な販売権を獲得し、
それを改良し、今までに無いエナジードリンクを開発。

それをRed Bull「レッドブル」の名称で販売を始めた事が、
今売られているレッドブルの始まりとなる。

また現在では、レッドブルは、
スポーツチームやエクストリームスポーツへの
スポンサー活動を精力的に行なっている。

そのチームとコラボしたレッドブルの関連グッズやノベルティグッズが、
日本では高値で取引されている。

輸入ビジネスで稼いでいくなら、
そういったレッドブルのコラボ商品が狙い目となる。



レッドブル(RedBull)の関連商材で稼ぐためのコツ




レッドブルの関連商材はヤフオクで多数取引されており、
需要も非常に高いため、その分ライバルも多いというのが現状。


上記でも記載した、

「アンティーク、コレクション」

「自動車、オートバイ」

「スポーツ、レジャー」


これらのカテゴリは、
時期によってはかなりの激戦区になってしまうため、
あえてそれらのカテゴリ以外でリサーチしてみると、
意外とお宝商品が見つかる事がある。

そのため、効率良く稼いでいくなら、
ライバルが少ないカテゴリを自分で見つけ出し、
そのカテゴリの中で稼いでいくのがおすすめ。

また、価格帯としては、
10000円~30000円の価格帯で落札されているレッドブル商材は、
特にライバルが多いため、
落札価格がそれら以外の価格帯のレッドブル商材をリサーチするのも一つの手。

一度レッドブルの関連商材で儲かる商品を見つける事ができたら、
その商品と同じカテゴリでレッドブルの関連商材をリサーチしていくと、
芋づる式に儲かる商品が見つけられる可能性が高い。




レッドブル(RedBull)の関連商材の個人輸入時の注意点




レッドブルの関連商材というのは本当にさまざまな種類があり、
そのほとんどが特別な注意点もなく輸入できるものばかりだが、

レッドブル関連の「電化製品」を輸入する際は、


・日本までの送料

・日本国内の電源での動作可否


この2点を注意しておこう。


なぜなら、電化製品は意外と大きいものが多く、
日本までの送料を計算すると、
仕入れたら赤字になってしまうケースがあるため。

また、海外と日本のコンセントは電圧が違うため、
日本でも同じように動作するとは限らないため。

それらを輸入前にしっかりと確認しておこう。

電化製品系の商材以外は、
特別注意点というものはないため、
通常通り輸入して問題ない。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしたでしょうか?


以上がレッドブル(RedBul)の関連商材を輸入し、
稼いでいく(儲ける)ための知識となります。


もしあなたが、この知識を活かした上で、
輸入ビジネスで今以上の収入を得たいと思っているなら。


ゆのきちの公式ブログで、
その収入アップのノウハウを具体的に解説しています。


よろしければご覧になってみてください^^


>ゆのきちの公式ブログはこちら


最後までお読みくださり、ありがとうございました。



スポンサーサイト

【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

マイセン(MEISSEN)の輸入で稼ぐための知識


マイセン(MEISSEN)の輸入について




マイセンは、ヤフオクのカテゴリでいうと、

・アンティーク、コレクション > 工芸品 > 陶芸 > 西洋陶磁 > マイセン

・住まい、インテリア > キッチン、食器 > 食器 > ブランド別 > マイセン


この二つのカテゴリで取引がされています。

上記のように、
二つの大カテゴリの下に「マイセン」というブランドカテゴリが存在するほど、
日本国内でもその需要があり、多くの取引がされている商材です。

今日はそのマイセン(MEISSEN)を個人輸入し、
輸入ビジネスで稼いでいくための知識をお伝えしていきます。



マイセン(MEISSEN)の主な販路




・ebay仕入れ→ヤフオク販売
・ebay仕入れ→ネットショップ販売


マイセンは、そのほとんどがアンティーク品の取引になるため、
必然的に仕入先は中古品が揃うebay(イーベイ)がメインになってくる。

日本国内でのネットでの販路は、
ヤフオクかネットショップが一般的である。



マイセン(MEISSEN)の基礎知識




マイセンとは、ドイツのマイセン地方で生産される磁器の総称のこと。

その知名度やステータスから、
マイセンは西洋陶磁器の頂点に君臨している。

そのマイセンの歴史は古く、
300年以上も前からそれは存在している。

その始まりとしては1710年。

その当時ドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」が設立され、
硬質磁器製造の独占権が与えられ、
これが現在の「国立マイセン磁器製作所」の始まりとなっている。

その数ヵ月後に、
その磁器工場は25km離れたマイセンのアルブレヒト城の内部に移され、
厳重にその機密が保持されるようになった。

また、偽造防止のために、
マイセンの陶磁器には2本の剣が交差したトレードマークが1722年から用いられている。





そのトレードマークの刃の傾きは、年代によって変化している。



マイセン(MEISSEN)の主なシリーズ




マイセンには、様々なシリーズ(デザイン)が存在する。

その中でも、特に輸入転売をしていく上で稼ぎやすいシリーズが以下になる。

・ブルーオニオン
・ブルーオーキッド
・ホワイトローズ
・ピンクローズ
・インドの華


上記以外にも様々なシリーズが存在するが、
リサーチの際は、上記のシリーズをメインにリサーチしていくのがおすすめ。



マイセン(MEISSEN)を輸入して稼ぐコツ




まず、仕入先/輸入先として利用するのは、
”ebayのみ”で問題ない。


ただし、ebayには数え切れないほどのマイセンが出品されているため、
一つ一つのマイセンをリサーチしていくのは現実的ではなく、効率も悪い。

そのため、ebay(イーベイ)でリサーチをする際は、
「meissen」のキーワードに加えて、
上記のシリーズ名や、マイセンの種類をキーワードとして入れて検索するのが効率的。

例えばシリーズ名をキーワードとして入れるのであれば、

「meissen blue onion」
「meissen pink rose」


のようなキーワードにてebayで検索したり、


マイセンの種類をキーワードとして入れるのであれば、

「meissen cup」
「meissen plate」


などのキーワードで検索する。


ちなみにマイセンの種類の中では、

・カップ(cup)
・プレート(plate)
・花瓶(vase)
・カップ&ソーサー(saucer)
・食器(dish)


などが輸入転売で稼ぎやすい種類である。


そのため、一つ一つリサーチするのではなく、
上記のシリーズ名や種類から目星をつけて絞り込んでいくと、
海外と日本で差額のある商品を見つけやすい。

また、マイセンは相場が安定している商材のため、
一度儲かる商品を見つけると、
その商品で継続的に稼いでいくことも可能。


そのため、腰を据えてリサーチに取り組んでいくだけの見返りはあると言える。



マイセン(MEISSEN)の個人輸入時の注意点




マイセンは陶器ということもあり、
輸入時に破損してしまう可能性もある。


そのため、輸入時に破損しないよう
できるだけ梱包に気をつけるように仕入先に伝えておくことが大切。


その際に送る英文としては、

Please make sure it's wrapped properly so it's not damaged during shipment.
→破損しないよう、丁寧に梱包をお願い致します。


で問題ない。


また、マイセンは非常にシリーズが多く、
その年代や状態によって、落札価格がかなり違ってくる。

そのため、
リサーチでは特に年代や状態を注意しておきたい。


マイセンの販売が慣れてくると、
それにともなって知識も増えていくはずなので、
最初のうちはその見極めが大変かもしれないが、
続けていくうちに、年代や状態の違いを見極められるようになる。

したがって、マイセンを輸入転売する際に気をつけるポイントとしては、

・輸入時の破損
・年代や状態の違いの見極め


この2点になる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしたでしょうか?


以上がマイセン(MEISSEN)を輸入し、
利益を出していくための知識となります。


もしあなたが、この知識を活かした上で、
輸入ビジネスで今以上の収入を得たいと思っているなら、、


ゆのきちの公式ブログで、
その収入アップのノウハウを解説しています。


よろしければご覧になってみてください^^


>ゆのきちの公式ブログはこちら


最後までお読みくださり、ありがとうございました。




【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

ファイヤーキング(FIREKING)の輸入で稼ぐ知識


ファイヤーキング(FIREKING)の輸入について



ヤフオクのカテゴリでいうと、

「アンティーク、コレクション > 雑貨 > ファイヤーキング 」

のカテゴリで多く取引されているファイアーキング。

今日はそのファイアーキングを個人輸入し、
輸入ビジネスで利益を出していくために必要な知識を解説していきます。



ファイヤーキング(FIREKING)の主な販路



・ebay仕入れ→ヤフオク販売
・ebay仕入れ→ネットショップ販売



基本的にファイアーキングはアンティーク(中古品)の転売がメインになるため、
海外ネットショップではなく、オークションであるebayから仕入れるのが主流。



ファイヤーキング(FIREKING)の基礎知識



ファイヤーキングとは、
アメリカのアンカーホッキング社の、耐熱ガラスを使用した商品のブランドのこと。

その中でも、1940年~1976年にかけて製造されていたのが、
ファイヤーキングロゴを用いた商品。

1976年以降はそのロゴ入り商品は製造中止となっているものの、
その根強いファンは今でも数多く存在し、
アンティーク品として、ものによっては高額に取引されている。

なお、アンカーホッキング社は現在もガラス容器メーカーとして存在するが、
主に輸入転売で取引されているのは、
1940年~1976年に製造されたロゴ入りのものとなっている。


また、主に輸入転売で取引されているファイヤーキングの商品としては、

・マグカップ
・カップ&ソーサー
・プラッター(大皿)
・ボウル


この辺りが代表的。

特にその中でも、「マグカップ」は安定して稼ぎ続けられる商材である。



ファイヤーキング(FIREKING)の転売で稼ぐコツ



リサーチで狙うべきは、やはりアンティーク品(中古品)

新品は価格差がないものがほとんど。

そしてリサーチの際は、
マグカップを重点的にリサーチするのがおすすめ。

確かにそのライバルは少なくはないが、
安定した需要があり、
マグカップの中でも、儲かる”モデル”をリサーチで発見できれば、
安定的に稼ぎ続けていくことが可能なため。

また、ファイヤーキングのマグカップの中でも、
既存のブランドとコラボしたもの、
(いわゆる「マクドナルド」や「スヌーピー」「ミッキー」などとコラボしたもの)
は需要が安定しているため、
そのようなものを重点的に探していくことをおすすめする。



ファイヤーキング(FIREKING)の個人輸入時の注意点



ファイヤーキング自体は丈夫に作られているものの、
「陶器」であることは変わりないため、
輸送時の破損に注意すること。

おそらくebay(イーベイ)での仕入れになると思うが、
そのセラー(仕入先の販売者)にきちんと梱包してもらうよう、
落札後にそれを注意しておいた方がいい。

その際に伝える英文としては、

Please make sure it's wrapped properly so it's not damaged during shipment.
→破損しないよう、丁寧に梱包をお願い致します。


を伝えてあげればOK。

また、ファイヤーキングは基本的に中古品であるため、
その「コンディション」が落札価格に影響を及ぼすことが多い。

そのため、リサーチの際は、
そのコンディションを写真や説明文から細かくチェックし、
それを考慮した上で仕入れをすることが大切になってくる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか?


以上が、ファイヤーキング(FIREKING)を輸入し、
利益を出していくための知識となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None
Copyright © 自由を手に入れるネットビジネス講座 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。