• ホーム
  • »
  • WEBマーケティング・ネットビジネス用語集

カテゴリ:WEBマーケティング・ネットビジネス用語集

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集のカテゴリ記事一覧。
No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
ハロー効果とは?ハロー効果とは、例えば、ある人の容姿が淡麗だったり高学歴であったりすると、その「人格」までも優れているのではないかと思い込んでしまうような効果の事。実際は、「容姿」や「学歴」はその「人格」とは無関係にもかかわらず、私たち人間は、それらを関連付けて理解し、影響を受けてしまう傾向にある。それをハロー効果と呼ぶ。ハローとは、「後光」の事で、その後光の影響で、本来の姿が違って見えてしまうと...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
赤文字効果とは?商品の価格(値札)を「赤文字」で表示することにより、消費者の消費行動を促進させる心理効果のこと。つまり、赤文字で商品価格(値札)を表示した方が、商品がより売れやすくなる。赤文字で書かれた値札というのは、商売における「赤字」を連想させ、「買ったら得である」という気持ちを無意識で連想させるため、そのような消費行動を促進する効果があると言われる。また、赤色というのは感情的な興奮を促す色で...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
端数価格とは?「1,980円」「19,800円」「498円」のように、切りのいい数字(2,000円や500円等)ではなく、端数を付けて値付けされた価格の事。このような端数価格は、消費者の購買意欲を高める心理効果があるとされている。つまり、端数価格で値決めをした方が、切りのいい数字に比べてモノが売れやすくなるということを示している。その理由として、端数価格で値決めをしたモノの方が、切りのいい数字に比べて、より「お得感」を感...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
コンバージョン率(CVR)とは?コンバージョン率とは、「CVR(Conversion Rate)」および「成約率」や「転換率」とも呼ばれ、その”目標”が、そのアクセス数に対して何割で達成できるかを表す数値。そのコンバージョン率は、「目標達成数 ÷ アクセス数」という計算式で導くことができる。目標とは、そのサイトによって変わり、それが「商品購入」であったり、「問い合わせ完了」だったりと、様々な目標が存在する。ただしネットショッ...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
アクセス数とは?アクセス数は、別名で「セッション数(訪問回数)」と言われることもある。そしてこのアクセス数とは、そのサイトの「”のべ”訪問数」のことを指す。”のべ”訪問数と言われてもピンとこないかもしれないため、例を示して説明していこう。アクセス数の実例例えば、ネットショップAというお店があり、そのショップに1ヶ月の間に「少なくとも1度は訪問したお客さんの数」が100人だった場合。この場合は、1ヶ月のUU(ユ...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 カテゴリ
 タグ
None

ハロー効果で売上アップ! ハロー効果とは? -商品の価値をグっと高める方法-


ハロー効果とは?




ハロー効果とは、例えば、
ある人の容姿が淡麗だったり高学歴であったりすると、
その「人格」までも優れているのではないかと思い込んでしまうような効果の事。


実際は、「容姿」や「学歴」はその「人格」とは無関係にもかかわらず、
私たち人間は、それらを関連付けて理解し、影響を受けてしまう傾向にある。


それをハロー効果と呼ぶ。


ハローとは、「後光」の事で、
その後光の影響で、本来の姿が違って見えてしまうということが、
その語源になっている。


ハロー効果の実例




レストラン等で、そのお店おすすめの「高額料理」を注文すると、
普段よりも美味しく感じてしまうことがある。


これは、その値段が「後光(ハロー)」となって働き、

「このくらい高い料理なんだから、美味しいに決まっている!」

と、間違った影響を受けてしまうから。


レストランでは、その他にも、
内装やスタッフの服装、照明などで、そのお店の雰囲気を作り込むことにより、
ハロー効果が働いて、お客さんが予想以上の好評価をしてしまうことがある。


ハロー効果の輸入転売ビジネスへの応用




ここでいう輸入転売ビジネスとは、
インターネット上で販売する事を前提でお話ししていく。


ネットでの販売という事は、
お客さんがその商品を触る事ができないからこそ、
その「視覚」に、その商品の魅力をより訴えかけていく必要がある。


具体的には、「商品画像」を綺麗にするよう力を入れたり、
ネットショップであれば、
そのショップの雰囲気に高級感や洗練されたイメージを与える事が有効。


それによって、それらのイメージが後光(ハロー)となって働き、
お客さんは、その商品により「価値」を感じてくれるようになり、
より高い値段で売れたり、より多くの人が買ってくれる可能性が高い。


だからこそ、オンライン上のお店のデザインは非常に大切になってくる。


ヤフオクやアマゾン等のプラットフォームはそのデザインを変えられないため、
いかに「商品画像」を綺麗に撮れるか、商品説明文をいかに魅力的に書くかが重要である。


逆にネットショップは、そのデザインの自由度も高いため、
そのショップのデザイン次第で売上も大きく変わってくる。


ネットショップを運営しているなら、
できるかぎりデザインはプロに任せておきたい。


お金をケチって自分でデザインをしてしまうと、
「素人っぽい」デザインになりがちなため、
ハロー効果がマイナス方向に働く可能性があり、
そうなると売上が下がってしまう。


素人っぽいデザインのショップが売れにくいのは、
そのハロー効果のマイナス作用が大きく関係してくる。



スポンサーサイト

【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

赤文字効果で売上アップ! 赤文字効果とは? -価格表示に適した文字色-


赤文字効果とは?



商品の価格(値札)を「赤文字」で表示することにより、
消費者の消費行動を促進させる心理効果のこと。


つまり、赤文字で商品価格(値札)を表示した方が、
商品がより売れやすくなる。



赤文字で書かれた値札というのは、商売における「赤字」を連想させ、
「買ったら得である」という気持ちを無意識で連想させるため、
そのような消費行動を促進する効果があると言われる。



また、赤色というのは感情的な興奮を促す色であり、
「買おうかな?」と迷っている人の行動を後押しする色でもある。


赤文字効果の実例




実際にスーパーの値札を見れば分かるが、
それが特にセール品であるほど、
それを赤文字で値段を表示させている。


また、スーパー等の実店舗に限らず、
ネット通販などのお店でも、
そのほとんどの価格表示が赤文字である。


その方が売れやすいためである。


なお、この赤文字への反応の違いには実は男女差が存在する。


男性ももちろん赤文字に反応するが、
女性の方がより赤文字に反応しやすいとされている。


その理由は主に2つの説がある。


その1つ目は、人類の進化の過程で、
男性は狩猟、女性は果実の採取に適応していき、
その果実が熟していることを示す「赤色」に敏感になったという説。


2つ目の説は、後天的な理由になるが、
女性は小さい頃から赤やピンクを与えられて育てられる傾向があるため、
より「赤色」に敏感になったという説。


そのような説があり、
女性の方がより「赤文字」に反応しやすいとされている。


そのため、特に女性向けの商品を販売する店舗やオンラインショップは、
消費を促進させるためにも、その価格表示を赤文字にするのは必須とも言える。




赤文字効果の輸入転売ビジネスへの応用




輸入転売ビジネスも「商品を売る」というビジネスである以上、
赤文字効果は有効であることは間違いない。


そのため独自ネットショップなどの,
自分で価格表示の色を変更可能な販路の場合、
商品の価格は必ず赤文字にしよう。



というよりも、
ネットショップはほとんどの場合、初期設定が赤文字になっているので、
それを無理に変更しないようにする。


また、ヤフオクやアマゾン等のプラットフォームでは、
商品価格の色は自分で変更することは出来ないが、
そのほとんどがデフォルトで赤文字になっているので問題ない。


独自ネットショップなどの自分でHTMLで表示を変更することが前提の販路の場合、
価格設定は必ず赤文字にしよう。


また、価格設定だけでなく、
「SALE」や「割引中」などのアピールしたい文字も、
赤文字にすることによって、より消費者の消費という行動を促進
させやすくなる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上が本日の講義となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

端数価格で売上アップ! 端数価格とは? -モノが売れやすい価格について-


端数価格とは?



「1,980円」「19,800円」「498円」のように、切りのいい数字(2,000円や500円等)ではなく、端数を付けて値付けされた価格の事。


このような端数価格は、消費者の購買意欲を高める心理効果があるとされている。


つまり、端数価格で値決めをした方が、切りのいい数字に比べてモノが売れやすくなるということを示している。


その理由として、端数価格で値決めをしたモノの方が、切りのいい数字に比べて、より「お得感」を感じたり、「値引きされている」と感じる傾向があるため。


例えば、「1980円」と「2000円」の値段を比べた場合。


それらには、たった20円の価格の差しかなく、さらに1%の割引率にも関わらず、1980円の方をそれら価格差以上に「お得」と感じ、また「なにかしらの値引きされているのではないか」と感じてしまう。


また、たかが20円の価格差とは言えども、その価格が1000円台なのか2000円台なのかで、消費者に与えるイメージは大きく異なってくる。


そのような理由から、「端数価格」はモノを売る上で”有利な価格設定”と言える。


端数価格の実例




端数価格は日本だけでなく、世界中で使われている価格設定である。


有名なのはアメリカの量販店だが、ヨーロッパ諸国の市場等でもよく端数価格が見受けられる。


ただ、日本と海外では、効果的な端数価格の表示方法に若干の違いがある。


海外では「1.99」などのギリギリの端数価格がより効果的とされているが、日本では最後の単位を「8」や「80」の端数価格にすることが効果的とされている。


なお、その違いは国民性の違いが関係している。


日本人は音に敏感な民族のため、「イチキュッパ」などの「パ」という音がリズム的にも好まれており、その方が言いやすいため、「8」や「80」の端数価格が効果的なのである。


端数価格の輸入転売ビジネスへの応用




輸入転売ビジネスに限らず、モノを売るビジネスしていく上で、切っても切れない関係なのが「価格決定」。


その決定した値段次第で、それが売れる売れないが決まるのはもちろん、それが売れた時の利益すら「価格決定」によって変わってくるため。


そのため輸入ビジネスにおいても、特別な理由がない限り、「端数価格」で値決めすべきである。


ここでのポイントが、商品の価格が1,000円以上の場合、頭の3桁を端数に変更すること。


例えば、


2,000円→1,980円

50,000円→49,800円

110000円→108000円



というように、その数字の頭から3桁分を端数に変更してあげるのが、より消費者に「お買い得だ」と思わせるうえで効果的である。


むしろ、「1998円」や「49880円」のように、頭4桁以上を端数にしてしまうと、その端数効果がほとんど意味をなさなくなるとされている。


それらを踏まえて端数価格に値決めをしていくことが、売上を上げることにおいても重要になってくる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上が本日の講義となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

コンバージョン率(CVR)とは?


コンバージョン率(CVR)とは?




コンバージョン率とは、
「CVR(Conversion Rate)」および「成約率」や「転換率」とも呼ばれ、
その”目標”が、そのアクセス数に対して何割で達成できるかを表す数値。


そのコンバージョン率は、


「目標達成数 ÷ アクセス数」


という計算式で導くことができる。


目標とは、そのサイトによって変わり、
それが「商品購入」であったり、「問い合わせ完了」だったりと、
様々な目標が存在する。


ただしネットショップ等の物販ビジネスでは、
その目標を、「商品購入」に設定することがほとんど。


以下に、その目標を商品購入に設定した場合のコンバージョン率について、
例を示して説明していこう。


コンバージョン率(CVR)の実例




目標:商品購入
アクセス数:10000人
目標達成数(購入数):80人


この前提の場合、コンバージョン率(CVR)の導き方は、


80(購入数) ÷ 10000(アクセス数)=0.008


そしてコンバージョン率は、それを「%」で表示するため、
「0.8%」というのがこの場合のコンバージョン率
となる。


つまり、1000人アクセスして、
そのうち8人が購入してくれるという計算。


今回はコンバージョン率(CVR)が0.8%だが、
これを仮に2倍の「1.6%」まで上げることができた場合、
1000人のうち16人が購入してくれることになる。


同じアクセス数でも、コンバージョン率(CVR)を上げるだけで、
その目標達成数(購入数)にも当然違いが出てくる
ということ。


そのようなこともあり、アクセス数を増やすのも当然だが、
そのコンバージョン率を上げることが売上のアップに直結してくる。


ゆのきちの無料メルマガでは、
そのコンバージョン率を、あの有名ショップも使っている○○の手法を用いることで、
費用をかけずに、それをサクっと上げる方法を公開
している。


>ゆのきちの無料メルマガの登録はこちら


あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。





【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

アクセス数とは?


アクセス数とは?




アクセス数は、別名で「セッション数(訪問回数)」と言われることもある。


そしてこのアクセス数とは、そのサイトの「”のべ”訪問数」のことを指す。


”のべ”訪問数と言われてもピンとこないかもしれないため、
例を示して説明していこう。


アクセス数の実例




例えば、ネットショップAというお店があり、
そのショップに1ヶ月の間に
「少なくとも1度は訪問したお客さんの数」が100人だった場合。


この場合は、1ヶ月のUU(ユニークユーザー)は100人となる。

※UUについては、こちらの記事を参照。


そしてその100人のうちの80人が
同じ月にもう一回ずつそのショップを訪問した場合、
この「”のべ”訪問数」は180人となる。

(100+80=180)

よって、今回の場合のアクセス数は、
「180」という数字になる。


なお、今回はネットショップの例で示したが、
実際のテーマパークや飲食店、交通機関の乗客数なども、
これと同様に「のべ」でその訪問数を調べるのが一般的である。


したがって、WEBマーケティングにおける「アクセス数」と、
それらのリアルビジネスでの「訪問数」は、
それぞれ同じであると考えて問題ない。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上が本日の講義となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None
Copyright © 自由を手に入れるネットビジネス講座 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。