月別アーカイブ:2016年05月

2016年05月の記事一覧。
No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
端数価格とは?「1,980円」「19,800円」「498円」のように、切りのいい数字(2,000円や500円等)ではなく、端数を付けて値付けされた価格の事。このような端数価格は、消費者の購買意欲を高める心理効果があるとされている。つまり、端数価格で値決めをした方が、切りのいい数字に比べてモノが売れやすくなるということを示している。その理由として、端数価格で値決めをしたモノの方が、切りのいい数字に比べて、より「お得感」を感...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
コンバージョン率(CVR)とは?コンバージョン率とは、「CVR(Conversion Rate)」および「成約率」や「転換率」とも呼ばれ、その”目標”が、そのアクセス数に対して何割で達成できるかを表す数値。そのコンバージョン率は、「目標達成数 ÷ アクセス数」という計算式で導くことができる。目標とは、そのサイトによって変わり、それが「商品購入」であったり、「問い合わせ完了」だったりと、様々な目標が存在する。ただしネットショッ...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
アクセス数とは?アクセス数は、別名で「セッション数(訪問回数)」と言われることもある。そしてこのアクセス数とは、そのサイトの「”のべ”訪問数」のことを指す。”のべ”訪問数と言われてもピンとこないかもしれないため、例を示して説明していこう。アクセス数の実例例えば、ネットショップAというお店があり、そのショップに1ヶ月の間に「少なくとも1度は訪問したお客さんの数」が100人だった場合。この場合は、1ヶ月のUU(ユ...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
UU(ユニークユーザー)とは?UUとは、「Unique User(ユニークユーザー)」のことであり、重複のユーザーをカウントしないユーザー数を指す。また、UUと同じくらいよく使われる用語に「PV(ページビュー)」がある。ただし、PVはユーザーの重複もカウントするのに比べて、UUはその重複をカウントしないのが、それらの違いである。例えば1ヶ月の間に、1人のユーザーがそのサイトを何度訪れたとしても、UUではそれを「1人」として考...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
PV(ページビュー)とは?PVとは「Page View(ページビュー)」のことであり、要するに「WEBサイト内にて閲覧されたWEBのページ数」を意味する。WEB以外の世界だと、PVという用語は「プロモーションビデオ」の事を指すのが一般的だが、WEBの世界では、PVという用語は「ページビュー」のことを指している。単に「PV」と呼ぶ事もあれば「PV数」と呼ぶ事もあるが、どちらも意味としては同じで、そのどちらを使っても問題ない。PV(ペ...

記事を読む

No Image

個人輸入の商材解説
ファイヤーキング(FIREKING)の輸入についてヤフオクのカテゴリでいうと、「アンティーク、コレクション > 雑貨 > ファイヤーキング 」のカテゴリで多く取引されているファイアーキング。今日はそのファイアーキングを個人輸入し、輸入ビジネスで利益を出していくために必要な知識を解説していきます。ファイヤーキング(FIREKING)の主な販路・ebay仕入れ→ヤフオク販売・ebay仕入れ→ネットショップ販売基本的にファイアーキング...

記事を読む

No Image

ネットビジネス全般
ゆのきちです。副業に興味がなくても、一度は耳にしたことがあるであろう言葉が「ネットビジネス」と「ネットワークビジネス」だと思います。ただ実際のところ、「ネットビジネスとネットワークビジネスって何が違う?」そのように区別が付いていない人も多いのが現状だと思います。ですので、その違いを今日はお話ししていこうと思います。ネットビジネスとネットワークビジネスの違い一番の大きな違いは、「レバレッジを効かせる...

記事を読む

No Image

タイ輸入
ゆのきちです。輸入転売ビジネスには複数の稼ぎ方があります。主に認知されている4種類の輸入ビジネスの稼ぎ方が、・欧米輸入・中国輸入・タイ輸入・韓国輸入となります。この中でもゆのきちがおすすめしている今一番アツイ輸入方法が、「タイ輸入」なのです。実際にゆのきちの1ヶ月の売上の大部分を、タイ輸入商品の売上が占めていたりする月もあります。率直に言うと、「儲かりやすい」です。やり方によっては、年商で億越えも...

記事を読む

No Image

外注
ゆのきちです。輸入ビジネスやネットビジネスをされているようでしたら、一度は「外注化」というキーワードを耳にしたことがあるのではないでしょうか?一般的に言われるネットビジネスでの外注化とは、「自分じゃなくてもできる単純な作業を他の人に任せていく」ことを指しています。「外注化って面倒なイメージがあります」「他の人に作業を任せるってことは、作業は楽になっても利益が減るんですか?」このような質問をよくコン...

記事を読む

No Image

ヤフオク
ゆのきちです。輸入ビジネスだけでなく、物販ビジネスの基本中の基本とも言えるのがヤフオクです。まさに商売の基本を学べるのがヤフオクで、上級者が販路として利用するだけでなく、ネットビジネスのスタートとしてヤフオクで輸入転売をするのも非常におすすめです。本日はそのヤフオクで売上をアップさせるため、「ヤフオクでの適切な出品終了時間」についてお話ししていきます。全く同じ商品を出品しても、出品の終了する時間次...

記事を読む

端数価格で売上アップ! 端数価格とは? -モノが売れやすい価格について-


端数価格とは?



「1,980円」「19,800円」「498円」のように、切りのいい数字(2,000円や500円等)ではなく、端数を付けて値付けされた価格の事。


このような端数価格は、消費者の購買意欲を高める心理効果があるとされている。


つまり、端数価格で値決めをした方が、切りのいい数字に比べてモノが売れやすくなるということを示している。


その理由として、端数価格で値決めをしたモノの方が、切りのいい数字に比べて、より「お得感」を感じたり、「値引きされている」と感じる傾向があるため。


例えば、「1980円」と「2000円」の値段を比べた場合。


それらには、たった20円の価格の差しかなく、さらに1%の割引率にも関わらず、1980円の方をそれら価格差以上に「お得」と感じ、また「なにかしらの値引きされているのではないか」と感じてしまう。


また、たかが20円の価格差とは言えども、その価格が1000円台なのか2000円台なのかで、消費者に与えるイメージは大きく異なってくる。


そのような理由から、「端数価格」はモノを売る上で”有利な価格設定”と言える。


端数価格の実例




端数価格は日本だけでなく、世界中で使われている価格設定である。


有名なのはアメリカの量販店だが、ヨーロッパ諸国の市場等でもよく端数価格が見受けられる。


ただ、日本と海外では、効果的な端数価格の表示方法に若干の違いがある。


海外では「1.99」などのギリギリの端数価格がより効果的とされているが、日本では最後の単位を「8」や「80」の端数価格にすることが効果的とされている。


なお、その違いは国民性の違いが関係している。


日本人は音に敏感な民族のため、「イチキュッパ」などの「パ」という音がリズム的にも好まれており、その方が言いやすいため、「8」や「80」の端数価格が効果的なのである。


端数価格の輸入転売ビジネスへの応用




輸入転売ビジネスに限らず、モノを売るビジネスしていく上で、切っても切れない関係なのが「価格決定」。


その決定した値段次第で、それが売れる売れないが決まるのはもちろん、それが売れた時の利益すら「価格決定」によって変わってくるため。


そのため輸入ビジネスにおいても、特別な理由がない限り、「端数価格」で値決めすべきである。


ここでのポイントが、商品の価格が1,000円以上の場合、頭の3桁を端数に変更すること。


例えば、


2,000円→1,980円

50,000円→49,800円

110000円→108000円



というように、その数字の頭から3桁分を端数に変更してあげるのが、より消費者に「お買い得だ」と思わせるうえで効果的である。


むしろ、「1998円」や「49880円」のように、頭4桁以上を端数にしてしまうと、その端数効果がほとんど意味をなさなくなるとされている。


それらを踏まえて端数価格に値決めをしていくことが、売上を上げることにおいても重要になってくる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上が本日の講義となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

コンバージョン率(CVR)とは?


コンバージョン率(CVR)とは?




コンバージョン率とは、
「CVR(Conversion Rate)」および「成約率」や「転換率」とも呼ばれ、
その”目標”が、そのアクセス数に対して何割で達成できるかを表す数値。


そのコンバージョン率は、


「目標達成数 ÷ アクセス数」


という計算式で導くことができる。


目標とは、そのサイトによって変わり、
それが「商品購入」であったり、「問い合わせ完了」だったりと、
様々な目標が存在する。


ただしネットショップ等の物販ビジネスでは、
その目標を、「商品購入」に設定することがほとんど。


以下に、その目標を商品購入に設定した場合のコンバージョン率について、
例を示して説明していこう。


コンバージョン率(CVR)の実例




目標:商品購入
アクセス数:10000人
目標達成数(購入数):80人


この前提の場合、コンバージョン率(CVR)の導き方は、


80(購入数) ÷ 10000(アクセス数)=0.008


そしてコンバージョン率は、それを「%」で表示するため、
「0.8%」というのがこの場合のコンバージョン率
となる。


つまり、1000人アクセスして、
そのうち8人が購入してくれるという計算。


今回はコンバージョン率(CVR)が0.8%だが、
これを仮に2倍の「1.6%」まで上げることができた場合、
1000人のうち16人が購入してくれることになる。


同じアクセス数でも、コンバージョン率(CVR)を上げるだけで、
その目標達成数(購入数)にも当然違いが出てくる
ということ。


そのようなこともあり、アクセス数を増やすのも当然だが、
そのコンバージョン率を上げることが売上のアップに直結してくる。


ゆのきちの無料メルマガでは、
そのコンバージョン率を、あの有名ショップも使っている○○の手法を用いることで、
費用をかけずに、それをサクっと上げる方法を公開
している。


>ゆのきちの無料メルマガの登録はこちら


あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。





【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

アクセス数とは?


アクセス数とは?




アクセス数は、別名で「セッション数(訪問回数)」と言われることもある。


そしてこのアクセス数とは、そのサイトの「”のべ”訪問数」のことを指す。


”のべ”訪問数と言われてもピンとこないかもしれないため、
例を示して説明していこう。


アクセス数の実例




例えば、ネットショップAというお店があり、
そのショップに1ヶ月の間に
「少なくとも1度は訪問したお客さんの数」が100人だった場合。


この場合は、1ヶ月のUU(ユニークユーザー)は100人となる。

※UUについては、こちらの記事を参照。


そしてその100人のうちの80人が
同じ月にもう一回ずつそのショップを訪問した場合、
この「”のべ”訪問数」は180人となる。

(100+80=180)

よって、今回の場合のアクセス数は、
「180」という数字になる。


なお、今回はネットショップの例で示したが、
実際のテーマパークや飲食店、交通機関の乗客数なども、
これと同様に「のべ」でその訪問数を調べるのが一般的である。


したがって、WEBマーケティングにおける「アクセス数」と、
それらのリアルビジネスでの「訪問数」は、
それぞれ同じであると考えて問題ない。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上が本日の講義となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

UU(ユニークユーザー)とは?


UU(ユニークユーザー)とは?




UUとは、「Unique User(ユニークユーザー)」のことであり、
重複のユーザーをカウントしないユーザー数を指す。


また、UUと同じくらいよく使われる用語に「PV(ページビュー)」がある。


ただし、PVはユーザーの重複もカウントするのに比べて、
UUはその重複をカウントしないのが、それらの違いである。


例えば1ヶ月の間に、1人のユーザーがそのサイトを何度訪れたとしても、
UUではそれを「1人」として考える。


UU(ユニークユーザー)の実例




とある月のそれぞれのサイトのUUが
以下の数値だった。


・YahooJAPAN→約5300万人
・Google→約3800万人
・楽天→約3000万人



このケースで、サイトの規模感を説明しようとした場合。


「YahooJAPANが一番多くの人が訪れている」と漠然と説明するよりも、
「日本人の半数に近い5300万人UUがYahooJAPANを使っている」


と、このように説明した方が、その規模感を具体的に伝えやすい。


つまり、そのサイトの具体的な規模感をすぐに把握できる指標としても
UUという数値は非常に便利に使えるということ。


結論として、UUが多ければ多いほど、
より多くのユーザーに認知され、より利用されていると考えることができる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上が本日の講義となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

PV(ページビュー)とは?


PV(ページビュー)とは?



PVとは「Page View(ページビュー)」のことであり、
要するに「WEBサイト内にて閲覧されたWEBのページ数」を意味する。


WEB以外の世界だと、
PVという用語は「プロモーションビデオ」の事を指すのが一般的だが、
WEBの世界では、PVという用語は「ページビュー」のことを指している。


単に「PV」と呼ぶ事もあれば「PV数」と呼ぶ事もあるが、
どちらも意味としては同じで、そのどちらを使っても問題ない。


PV(ページビュー)の実例




PV数の実例をみると、
例えば、とある月の「YahooJAPAN」の月間PVは314億PVだった。


この場合、1ヶ月の間に、YahooJAPAN内の314億ものページが
閲覧されている計算となる。


ちなみに、日本の総人口およそ1億3000万人で単純に割り算をしてみると、
単純計算で、日本人全員が1ヶ月に200ページ以上見ているという計算になる。


実際のところ、全員がそのサイトを閲覧しているとは考えづらいため、
1ヶ月に全くそれを閲覧していない人もいれば、
1ヶ月にその倍の400ページ以上を閲覧している人もいたりするのが現状。


いずれにせよ、そのPVの数字が大きければ大きいほど、
そのサイト自体の規模も大きくなる傾向にある。


いわば、PV数はそのサイトの規模をはかるための、
「1つの指標」と言っても過言ではない。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上が本日の講義となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

ファイヤーキング(FIREKING)の輸入で稼ぐ知識


ファイヤーキング(FIREKING)の輸入について



ヤフオクのカテゴリでいうと、

「アンティーク、コレクション > 雑貨 > ファイヤーキング 」

のカテゴリで多く取引されているファイアーキング。

今日はそのファイアーキングを個人輸入し、
輸入ビジネスで利益を出していくために必要な知識を解説していきます。



ファイヤーキング(FIREKING)の主な販路



・ebay仕入れ→ヤフオク販売
・ebay仕入れ→ネットショップ販売



基本的にファイアーキングはアンティーク(中古品)の転売がメインになるため、
海外ネットショップではなく、オークションであるebayから仕入れるのが主流。



ファイヤーキング(FIREKING)の基礎知識



ファイヤーキングとは、
アメリカのアンカーホッキング社の、耐熱ガラスを使用した商品のブランドのこと。

その中でも、1940年~1976年にかけて製造されていたのが、
ファイヤーキングロゴを用いた商品。

1976年以降はそのロゴ入り商品は製造中止となっているものの、
その根強いファンは今でも数多く存在し、
アンティーク品として、ものによっては高額に取引されている。

なお、アンカーホッキング社は現在もガラス容器メーカーとして存在するが、
主に輸入転売で取引されているのは、
1940年~1976年に製造されたロゴ入りのものとなっている。


また、主に輸入転売で取引されているファイヤーキングの商品としては、

・マグカップ
・カップ&ソーサー
・プラッター(大皿)
・ボウル


この辺りが代表的。

特にその中でも、「マグカップ」は安定して稼ぎ続けられる商材である。



ファイヤーキング(FIREKING)の転売で稼ぐコツ



リサーチで狙うべきは、やはりアンティーク品(中古品)

新品は価格差がないものがほとんど。

そしてリサーチの際は、
マグカップを重点的にリサーチするのがおすすめ。

確かにそのライバルは少なくはないが、
安定した需要があり、
マグカップの中でも、儲かる”モデル”をリサーチで発見できれば、
安定的に稼ぎ続けていくことが可能なため。

また、ファイヤーキングのマグカップの中でも、
既存のブランドとコラボしたもの、
(いわゆる「マクドナルド」や「スヌーピー」「ミッキー」などとコラボしたもの)
は需要が安定しているため、
そのようなものを重点的に探していくことをおすすめする。



ファイヤーキング(FIREKING)の個人輸入時の注意点



ファイヤーキング自体は丈夫に作られているものの、
「陶器」であることは変わりないため、
輸送時の破損に注意すること。

おそらくebay(イーベイ)での仕入れになると思うが、
そのセラー(仕入先の販売者)にきちんと梱包してもらうよう、
落札後にそれを注意しておいた方がいい。

その際に伝える英文としては、

Please make sure it's wrapped properly so it's not damaged during shipment.
→破損しないよう、丁寧に梱包をお願い致します。


を伝えてあげればOK。

また、ファイヤーキングは基本的に中古品であるため、
その「コンディション」が落札価格に影響を及ぼすことが多い。

そのため、リサーチの際は、
そのコンディションを写真や説明文から細かくチェックし、
それを考慮した上で仕入れをすることが大切になってくる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか?


以上が、ファイヤーキング(FIREKING)を輸入し、
利益を出していくための知識となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

ネットビジネスとネットワークビジネスの違い


ゆのきちです。


副業に興味がなくても、
一度は耳にしたことがあるであろう言葉が


「ネットビジネス」と「ネットワークビジネス」


だと思います。


ただ実際のところ、


「ネットビジネスとネットワークビジネスって何が違う?」


そのように区別が付いていない人も多いのが現状だと思います。


ですので、その違いを今日はお話ししていこうと思います。


ネットビジネスとネットワークビジネスの違い




一番の大きな違いは、「レバレッジを効かせるために使う媒体」です。


レバレッジというのは直訳すると「てこの原理」のことです。


ビジネスの世界でよく使われる「レバレッジ」は、


「一つの仕事が、何倍にも何十倍にもなって返ってくる」


ということだと認識していただければ大丈夫です。


その前提を踏まえた上で、これからのお話しをお聞きください。


まず「ネットビジネス」ですが、これはインターネットビジネスの略称です。


そしてそのネットビジネスの中でも代表的なのが、


・輸入転売

・アフィリエイト

・せどり


などです。


これらはどれも、
「インターネット」を利用することで、
家に居ながら日本中の人々にサービスや商品を提供することができます。


家に居ながらパソコンで「たった一人の相手に商品を売る感覚」で、
日本中にいる何百万人の消費者にアプローチが可能です。


つまりレバレッジを効かせているわけですが、
ネットビジネスは「インターネットを媒体」に
レバレッジを効かせているビジネスです。


「ネットビジネス=”レバレッジを効かせるために使う媒体”がインターネット」


というわけです。



次に「ネットワークビジネス」についてですが、
名前こそ「ネットビジネス」に似ていますが、
中身は全く違います。


レバレッジを効かせるために使う媒体が「口コミ」だからです。


自分自身や、
自分が勧誘したチームメイトの「口コミ」で消費者に商品を提供していき、
その売上の一部をマージンとして受け取れるのがネットワークビジネスです。


口コミを利用することで、
自分が家にいる間も(半自動的に)商品を日本全国に提供できるので、
「口コミ」がレバレッジを効かせるための媒体ということです。


「ネットワークビジネス=”レバレッジを効かせるために使う媒体”が口コミ」


というわけです。


ちなみに、ネットワークビジネスで有名どころとなると、
「アムウェイ」「ニュースキン」「ニューウェイズ」「ハーバーライフ」
などですね。


これらのネットワークビジネスはどれも、
インターネットが一般的になる前の1990年代に一世を風靡(ふうび)して
複数の成功者を生み出しましたが、
今ではどれも下火となっています。


インターネットが一般的になる前は、
口コミでレバレッジを効かせることができるネットワークビジネスが
経済的自由を手に入れやすいビジネスモデルでした。


ところが、インターネットが一般的になってからは、
口コミよりも一瞬で、
そしてより多くの人に商品を届けることができる「ネットビジネス」こそが
経済的自由を手に入れやすいビジネスモデルとなっています。


インターネットがこの世にないとしたら「ネットワークビジネス」は魅力的ですが、
インターネットが広まっている以上、
あえて「口コミ」でレバレッジを効かせていく必要性は全くありません。


はっきり申し上げますが、
今の時代に「ネットワークビジネス」を選択するのは「時間の無駄」です。


最短で成功したいなら、
時代の流れを考えても「ネットビジネス」を選択すべきというわけです。


以上、
ここまでネットビジネスとネットワークビジネスの違いを話してきましたが、
後半はネットワークビジネスを若干批判する形になってしまいましたね(笑)


ただ、どちらのビジネスも成功者はいますし、
どちらのビジネスが正解か間違いかは一概に決めることはできません。


しかし難易度や将来性から考えても、
最短で経済的自由を手に入れたいのなら


インターネットビジネス(ネットビジネス)


を選択されることをおすすめしています。


ぜひ参考にしてみください。


あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。


【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

なぜ、今タイ輸入が”アツイ”のか?


ゆのきちです。


輸入転売ビジネスには複数の稼ぎ方があります。


主に認知されている4種類の輸入ビジネスの稼ぎ方が、


・欧米輸入

・中国輸入

・タイ輸入

・韓国輸入



となります。


この中でもゆのきちがおすすめしている今一番アツイ輸入方法が、「タイ輸入」なのです。


実際にゆのきちの1ヶ月の売上の大部分を、タイ輸入商品の売上が占めていたりする月もあります。


率直に言うと、「儲かりやすい」です。


やり方によっては、年商で億越えも十分狙えるのがタイ輸入です。


ではどうして、タイ輸入がそこまで儲かりやすいのか?


その理由を、実際にタイ輸入で稼ぎ続けているゆのきちがまとめました。


↓確認はこちらから↓
>なぜ、今タイ輸入が”アツイ”のか? をもっと詳しく


タイ輸入に少しでも興味があるなら、タイ輸入を開始するきっかけとしてもぜひ読んでみてください。


あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 カテゴリ
 タグ
None

輸入ビジネスはなぜ外注化が重要と言われるのか?


ゆのきちです。


輸入ビジネスやネットビジネスをされているようでしたら、一度は「外注化」というキーワードを耳にしたことがあるのではないでしょうか?


一般的に言われるネットビジネスでの外注化とは、「自分じゃなくてもできる単純な作業を他の人に任せていく」ことを指しています。


「外注化って面倒なイメージがあります」

「他の人に作業を任せるってことは、作業は楽になっても利益が減るんですか?」



このような質問をよくコンサル生さんからも頂きますが、全くの誤解です。


むしろ外注すればするほど、面倒な作業からは解放されますし、逆に利益も増え続けます。


つまり、ネットビジネスで外注が重要と言われる理由は、「作業を楽にし、その上で収入を増やすことができるから」強調文です。


ではなぜ輸入ビジネスやネットビジネスで外注をすると、そのようなメリットがあるのでしょうか?


以下にその理由を詳しく解説しました。


↓確認はこちら↓
>輸入ビジネスはなぜ外注化が重要と言われるのか? をもっと詳しく


ぜひご覧になって、あなたのビジネスにお役立てください。


あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 カテゴリ
 タグ
None

ヤフオク!で出品終了時間はいつにすべき?


ゆのきちです。


輸入ビジネスだけでなく、物販ビジネスの基本中の基本とも言えるのがヤフオクです。


まさに商売の基本を学べるのがヤフオクで、上級者が販路として利用するだけでなく、ネットビジネスのスタートとしてヤフオクで輸入転売をするのも非常におすすめです。


本日はそのヤフオクで売上をアップさせるため、「ヤフオクでの適切な出品終了時間」についてお話ししていきます。


全く同じ商品を出品しても、出品の終了する時間次第で落札金額や落札率が大きく変わってくるのがヤフオクの魅力でもあり、難しい部分でもあります。


ですが、そこまで難しく考える必要はありません。


どの商材を扱っていても、落札金額や落札率が高くなりやすい終了時間がある程度決まっているからです。


ヤフオクには「オークション形式」「定額出品」の二つの出品方法があり、どちらを選ぶかによって適切な出品終了時間の設定が変わってきます。


それぞれの出品方法でヤフオクの売上を最大化するための適切な出品方法を、以下に詳しくまとめました。


↓確認はこちら↓
>ヤフオク!で出品終了時間はいつにすべき? をもっと詳しく


あなたが輸入転売でヤフオクを販路として利用しているなら、ぜひ確認してみてください。


あなたのビジネス成功のきっかけになれれば幸いです。




【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 自由を手に入れるネットビジネス講座 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます