月別アーカイブ:2016年06月

2016年06月の記事一覧。
No Image

行動経済学をビジネスに活かす
保有効果とは?保有効果とは、一度それを手に入れてしまうと、その価値が「自分の中」で上がり、簡単に手放せなくなってしまう心理の事。実際には、その手に入れたものの価値は、手に入れる前も手に入れた後も「客観的」には変わらないが、自分から見たその価値が「自分の中」で上がってしまい、それを手放す事が難しくなってしまう。保有効果の実例行動経済学の第一人者である「ダン・アリエリー」教授による実験で、こんな面白い...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
ハロー効果とは?ハロー効果とは、例えば、ある人の容姿が淡麗だったり高学歴であったりすると、その「人格」までも優れているのではないかと思い込んでしまうような効果の事。実際は、「容姿」や「学歴」はその「人格」とは無関係にもかかわらず、私たち人間は、それらを関連付けて理解し、影響を受けてしまう傾向にある。それをハロー効果と呼ぶ。ハローとは、「後光」の事で、その後光の影響で、本来の姿が違って見えてしまうと...

記事を読む

No Image

個人輸入の商材解説
レッドブル(RedBull)の関連商材の輸入についてレッドブルの輸入といっても、レッドブルのドリンクを輸入するわけではなく(笑)レッドブルの関連グッズやそのノベルティグッズを輸入して稼ぐための知識になります。レッドブルのドリンクを輸入して販売しても儲かりませんが、その関連グッズやノベルティグッズは、ヤフオクでたくさん取引がされており、レッドブルの関連商材は輸入ビジネスで稼げる(儲かる)商材の一つになりま...

記事を読む

個人輸入の商材解説
マイセン(MEISSEN)の輸入についてマイセンは、ヤフオクのカテゴリでいうと、・アンティーク、コレクション > 工芸品 > 陶芸 > 西洋陶磁 > マイセン・住まい、インテリア > キッチン、食器 > 食器 > ブランド別 > マイセンこの二つのカテゴリで取引がされています。上記のように、二つの大カテゴリの下に「マイセン」というブランドカテゴリが存在するほど、日本国内でもその需要があり、多くの取引がされている商材です。今日は...

記事を読む

No Image

WEBマーケティング・ネットビジネス用語集
赤文字効果とは?商品の価格(値札)を「赤文字」で表示することにより、消費者の消費行動を促進させる心理効果のこと。つまり、赤文字で商品価格(値札)を表示した方が、商品がより売れやすくなる。赤文字で書かれた値札というのは、商売における「赤字」を連想させ、「買ったら得である」という気持ちを無意識で連想させるため、そのような消費行動を促進する効果があると言われる。また、赤色というのは感情的な興奮を促す色で...

記事を読む

保有効果で売上アップ! 保有効果とは? -一度手にすると商品の価値が上がる-


保有効果とは?



保有効果とは、
一度それを手に入れてしまうと、
その価値が「自分の中」で上がり、簡単に手放せなくなってしまう心理の事。


実際には、その手に入れたものの価値は、
手に入れる前も手に入れた後も「客観的」には変わらないが、
自分から見たその価値が「自分の中」で上がってしまい、
それを手放す事が難しくなってしまう。


保有効果の実例



行動経済学の第一人者である「ダン・アリエリー」教授による実験で、
こんな面白い実験がある。


「全米バスケットボール選手権のチケットを手に入れた学生は、
それを手に入れていない学生と比べて、
そのチケットにどのくらいの価値を見出すのか?」



という事を確かめる為の実験であった。


ちなみにそのチケットはプレミアムチケットと呼ばれており、
抽選で一握りの人しか手に入れる事ができないらしい。


そしてそのチケットを「手に入れた学生」に、
「最低いくらならチケットを譲ってもいいか?」


そのチケットを「手に入れられなかった学生」には、
「いくらならそのチケットを買ってもいいか?」


と、100人以上のそれぞれの学生を対象に、それらを実際に聞き出した。


その答えというのが、予想以上に面白く、


チケットを手に入れた学生の平均
2400ドルであれば、他の人に譲ってもいい



チケットを手に入れられなかった学生の平均
170ドルであれば、買ってもいい



というものだった。


それらの価格差は実に14倍にもなり、
チケットを手に入れた学生は、
それを一度手に入れただけで、
そのチケットの価値を非常に高く見い出したのである。



保有効果の輸入転売ビジネスへの応用



これは、実は輸入転売ビジネスという枠におさまらず、
さまざまなビジネスでその保有効果が利用されている。


それというのが、

「気に入らなければ全額返金」

という、特にテレビ通販やネット通販に見られる手法である。


まずそもそも、
全額返金可能にする事により、
お客さんからの信用が得られ、
その商品の購入率が上がる。


そして、

「気に入らなかったら返金してもらおう」

という軽い気持ちでお客さんはその商品を購入したものの、
その商品を実際に手に入れる事で、その商品の価値が上がり、

「手放したくない」

という気持ちになり、
実際に返金に至るケースは少ない。


つまり、保有効果というものを逆手に取り、
返金の確率が低いことを承知した上で、
「返金保証」というものをつけている
のである。


そのため、返金されるリスクよりも、
返金保証を付けることで購入率がアップするというメリットの方が大きいため、
「保有効果」を理解し、「返金保証」を付けることで、
多くの業者がそのビジネスの売上アップにつなげている。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

ハロー効果で売上アップ! ハロー効果とは? -商品の価値をグっと高める方法-


ハロー効果とは?




ハロー効果とは、例えば、
ある人の容姿が淡麗だったり高学歴であったりすると、
その「人格」までも優れているのではないかと思い込んでしまうような効果の事。


実際は、「容姿」や「学歴」はその「人格」とは無関係にもかかわらず、
私たち人間は、それらを関連付けて理解し、影響を受けてしまう傾向にある。


それをハロー効果と呼ぶ。


ハローとは、「後光」の事で、
その後光の影響で、本来の姿が違って見えてしまうということが、
その語源になっている。


ハロー効果の実例




レストラン等で、そのお店おすすめの「高額料理」を注文すると、
普段よりも美味しく感じてしまうことがある。


これは、その値段が「後光(ハロー)」となって働き、

「このくらい高い料理なんだから、美味しいに決まっている!」

と、間違った影響を受けてしまうから。


レストランでは、その他にも、
内装やスタッフの服装、照明などで、そのお店の雰囲気を作り込むことにより、
ハロー効果が働いて、お客さんが予想以上の好評価をしてしまうことがある。


ハロー効果の輸入転売ビジネスへの応用




ここでいう輸入転売ビジネスとは、
インターネット上で販売する事を前提でお話ししていく。


ネットでの販売という事は、
お客さんがその商品を触る事ができないからこそ、
その「視覚」に、その商品の魅力をより訴えかけていく必要がある。


具体的には、「商品画像」を綺麗にするよう力を入れたり、
ネットショップであれば、
そのショップの雰囲気に高級感や洗練されたイメージを与える事が有効。


それによって、それらのイメージが後光(ハロー)となって働き、
お客さんは、その商品により「価値」を感じてくれるようになり、
より高い値段で売れたり、より多くの人が買ってくれる可能性が高い。


だからこそ、オンライン上のお店のデザインは非常に大切になってくる。


ヤフオクやアマゾン等のプラットフォームはそのデザインを変えられないため、
いかに「商品画像」を綺麗に撮れるか、商品説明文をいかに魅力的に書くかが重要である。


逆にネットショップは、そのデザインの自由度も高いため、
そのショップのデザイン次第で売上も大きく変わってくる。


ネットショップを運営しているなら、
できるかぎりデザインはプロに任せておきたい。


お金をケチって自分でデザインをしてしまうと、
「素人っぽい」デザインになりがちなため、
ハロー効果がマイナス方向に働く可能性があり、
そうなると売上が下がってしまう。


素人っぽいデザインのショップが売れにくいのは、
そのハロー効果のマイナス作用が大きく関係してくる。




【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

レッドブル(RedBull)の商材の輸入で稼ぐための知識


レッドブル(RedBull)の関連商材の輸入について




レッドブルの輸入といっても、レッドブルのドリンクを輸入するわけではなく(笑)
レッドブルの関連グッズやそのノベルティグッズを輸入して稼ぐための知識になります。

レッドブルのドリンクを輸入して販売しても儲かりませんが、
その関連グッズやノベルティグッズは、ヤフオクでたくさん取引がされており、
レッドブルの関連商材は輸入ビジネスで稼げる(儲かる)商材の一つになります。


ヤフオクのカテゴリでいうと、

「アンティーク、コレクション」

「自動車、オートバイ」

「スポーツ、レジャー」


この辺りで、特にレッドブルの取引が多く行われていますが、
他のカテゴリでもレッドブルに関連する商材は取引されており、
その需要はかなり大きいと見て間違いなさそうです。

今日はそのレッドブル(RedBull)の関連する商材を個人輸入し、
輸入ビジネスで稼いでいくための知識をお伝えしていきます。



「レッドブル(RedBull)の関連商材の主な販路




・ebay仕入れ→ヤフオク販売
・ebay仕入れ→ネットショップ販売



この2つが主な販路となる。

他の販路でも売れないことはないが、
特に「ebayで仕入れてヤフオクで売る」という販路が
レッドブル関連商材を販売する上で相性がよく、稼ぎやすい。



レッドブル(RedBull)に関する基礎知識




レッドブルは、オーストリアのRed Bull GmbHが販売する清涼飲料水のこと。

レッドブルはもともと、「Krating Daeng」の名前でタイで開発されたが、
1984年にオーストリア人のディートリヒ氏が国際的な販売権を獲得し、
それを改良し、今までに無いエナジードリンクを開発。

それをRed Bull「レッドブル」の名称で販売を始めた事が、
今売られているレッドブルの始まりとなる。

また現在では、レッドブルは、
スポーツチームやエクストリームスポーツへの
スポンサー活動を精力的に行なっている。

そのチームとコラボしたレッドブルの関連グッズやノベルティグッズが、
日本では高値で取引されている。

輸入ビジネスで稼いでいくなら、
そういったレッドブルのコラボ商品が狙い目となる。



レッドブル(RedBull)の関連商材で稼ぐためのコツ




レッドブルの関連商材はヤフオクで多数取引されており、
需要も非常に高いため、その分ライバルも多いというのが現状。


上記でも記載した、

「アンティーク、コレクション」

「自動車、オートバイ」

「スポーツ、レジャー」


これらのカテゴリは、
時期によってはかなりの激戦区になってしまうため、
あえてそれらのカテゴリ以外でリサーチしてみると、
意外とお宝商品が見つかる事がある。

そのため、効率良く稼いでいくなら、
ライバルが少ないカテゴリを自分で見つけ出し、
そのカテゴリの中で稼いでいくのがおすすめ。

また、価格帯としては、
10000円~30000円の価格帯で落札されているレッドブル商材は、
特にライバルが多いため、
落札価格がそれら以外の価格帯のレッドブル商材をリサーチするのも一つの手。

一度レッドブルの関連商材で儲かる商品を見つける事ができたら、
その商品と同じカテゴリでレッドブルの関連商材をリサーチしていくと、
芋づる式に儲かる商品が見つけられる可能性が高い。




レッドブル(RedBull)の関連商材の個人輸入時の注意点




レッドブルの関連商材というのは本当にさまざまな種類があり、
そのほとんどが特別な注意点もなく輸入できるものばかりだが、

レッドブル関連の「電化製品」を輸入する際は、


・日本までの送料

・日本国内の電源での動作可否


この2点を注意しておこう。


なぜなら、電化製品は意外と大きいものが多く、
日本までの送料を計算すると、
仕入れたら赤字になってしまうケースがあるため。

また、海外と日本のコンセントは電圧が違うため、
日本でも同じように動作するとは限らないため。

それらを輸入前にしっかりと確認しておこう。

電化製品系の商材以外は、
特別注意点というものはないため、
通常通り輸入して問題ない。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしたでしょうか?


以上がレッドブル(RedBul)の関連商材を輸入し、
稼いでいく(儲ける)ための知識となります。


もしあなたが、この知識を活かした上で、
輸入ビジネスで今以上の収入を得たいと思っているなら。


ゆのきちの公式ブログで、
その収入アップのノウハウを具体的に解説しています。


よろしければご覧になってみてください^^


>ゆのきちの公式ブログはこちら


最後までお読みくださり、ありがとうございました。




【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

マイセン(MEISSEN)の輸入で稼ぐための知識


マイセン(MEISSEN)の輸入について




マイセンは、ヤフオクのカテゴリでいうと、

・アンティーク、コレクション > 工芸品 > 陶芸 > 西洋陶磁 > マイセン

・住まい、インテリア > キッチン、食器 > 食器 > ブランド別 > マイセン


この二つのカテゴリで取引がされています。

上記のように、
二つの大カテゴリの下に「マイセン」というブランドカテゴリが存在するほど、
日本国内でもその需要があり、多くの取引がされている商材です。

今日はそのマイセン(MEISSEN)を個人輸入し、
輸入ビジネスで稼いでいくための知識をお伝えしていきます。



マイセン(MEISSEN)の主な販路




・ebay仕入れ→ヤフオク販売
・ebay仕入れ→ネットショップ販売


マイセンは、そのほとんどがアンティーク品の取引になるため、
必然的に仕入先は中古品が揃うebay(イーベイ)がメインになってくる。

日本国内でのネットでの販路は、
ヤフオクかネットショップが一般的である。



マイセン(MEISSEN)の基礎知識




マイセンとは、ドイツのマイセン地方で生産される磁器の総称のこと。

その知名度やステータスから、
マイセンは西洋陶磁器の頂点に君臨している。

そのマイセンの歴史は古く、
300年以上も前からそれは存在している。

その始まりとしては1710年。

その当時ドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」が設立され、
硬質磁器製造の独占権が与えられ、
これが現在の「国立マイセン磁器製作所」の始まりとなっている。

その数ヵ月後に、
その磁器工場は25km離れたマイセンのアルブレヒト城の内部に移され、
厳重にその機密が保持されるようになった。

また、偽造防止のために、
マイセンの陶磁器には2本の剣が交差したトレードマークが1722年から用いられている。





そのトレードマークの刃の傾きは、年代によって変化している。



マイセン(MEISSEN)の主なシリーズ




マイセンには、様々なシリーズ(デザイン)が存在する。

その中でも、特に輸入転売をしていく上で稼ぎやすいシリーズが以下になる。

・ブルーオニオン
・ブルーオーキッド
・ホワイトローズ
・ピンクローズ
・インドの華


上記以外にも様々なシリーズが存在するが、
リサーチの際は、上記のシリーズをメインにリサーチしていくのがおすすめ。



マイセン(MEISSEN)を輸入して稼ぐコツ




まず、仕入先/輸入先として利用するのは、
”ebayのみ”で問題ない。


ただし、ebayには数え切れないほどのマイセンが出品されているため、
一つ一つのマイセンをリサーチしていくのは現実的ではなく、効率も悪い。

そのため、ebay(イーベイ)でリサーチをする際は、
「meissen」のキーワードに加えて、
上記のシリーズ名や、マイセンの種類をキーワードとして入れて検索するのが効率的。

例えばシリーズ名をキーワードとして入れるのであれば、

「meissen blue onion」
「meissen pink rose」


のようなキーワードにてebayで検索したり、


マイセンの種類をキーワードとして入れるのであれば、

「meissen cup」
「meissen plate」


などのキーワードで検索する。


ちなみにマイセンの種類の中では、

・カップ(cup)
・プレート(plate)
・花瓶(vase)
・カップ&ソーサー(saucer)
・食器(dish)


などが輸入転売で稼ぎやすい種類である。


そのため、一つ一つリサーチするのではなく、
上記のシリーズ名や種類から目星をつけて絞り込んでいくと、
海外と日本で差額のある商品を見つけやすい。

また、マイセンは相場が安定している商材のため、
一度儲かる商品を見つけると、
その商品で継続的に稼いでいくことも可能。


そのため、腰を据えてリサーチに取り組んでいくだけの見返りはあると言える。



マイセン(MEISSEN)の個人輸入時の注意点




マイセンは陶器ということもあり、
輸入時に破損してしまう可能性もある。


そのため、輸入時に破損しないよう
できるだけ梱包に気をつけるように仕入先に伝えておくことが大切。


その際に送る英文としては、

Please make sure it's wrapped properly so it's not damaged during shipment.
→破損しないよう、丁寧に梱包をお願い致します。


で問題ない。


また、マイセンは非常にシリーズが多く、
その年代や状態によって、落札価格がかなり違ってくる。

そのため、
リサーチでは特に年代や状態を注意しておきたい。


マイセンの販売が慣れてくると、
それにともなって知識も増えていくはずなので、
最初のうちはその見極めが大変かもしれないが、
続けていくうちに、年代や状態の違いを見極められるようになる。

したがって、マイセンを輸入転売する際に気をつけるポイントとしては、

・輸入時の破損
・年代や状態の違いの見極め


この2点になる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしたでしょうか?


以上がマイセン(MEISSEN)を輸入し、
利益を出していくための知識となります。


もしあなたが、この知識を活かした上で、
輸入ビジネスで今以上の収入を得たいと思っているなら、、


ゆのきちの公式ブログで、
その収入アップのノウハウを解説しています。


よろしければご覧になってみてください^^


>ゆのきちの公式ブログはこちら


最後までお読みくださり、ありがとうございました。




【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None

赤文字効果で売上アップ! 赤文字効果とは? -価格表示に適した文字色-


赤文字効果とは?



商品の価格(値札)を「赤文字」で表示することにより、
消費者の消費行動を促進させる心理効果のこと。


つまり、赤文字で商品価格(値札)を表示した方が、
商品がより売れやすくなる。



赤文字で書かれた値札というのは、商売における「赤字」を連想させ、
「買ったら得である」という気持ちを無意識で連想させるため、
そのような消費行動を促進する効果があると言われる。



また、赤色というのは感情的な興奮を促す色であり、
「買おうかな?」と迷っている人の行動を後押しする色でもある。


赤文字効果の実例




実際にスーパーの値札を見れば分かるが、
それが特にセール品であるほど、
それを赤文字で値段を表示させている。


また、スーパー等の実店舗に限らず、
ネット通販などのお店でも、
そのほとんどの価格表示が赤文字である。


その方が売れやすいためである。


なお、この赤文字への反応の違いには実は男女差が存在する。


男性ももちろん赤文字に反応するが、
女性の方がより赤文字に反応しやすいとされている。


その理由は主に2つの説がある。


その1つ目は、人類の進化の過程で、
男性は狩猟、女性は果実の採取に適応していき、
その果実が熟していることを示す「赤色」に敏感になったという説。


2つ目の説は、後天的な理由になるが、
女性は小さい頃から赤やピンクを与えられて育てられる傾向があるため、
より「赤色」に敏感になったという説。


そのような説があり、
女性の方がより「赤文字」に反応しやすいとされている。


そのため、特に女性向けの商品を販売する店舗やオンラインショップは、
消費を促進させるためにも、その価格表示を赤文字にするのは必須とも言える。




赤文字効果の輸入転売ビジネスへの応用




輸入転売ビジネスも「商品を売る」というビジネスである以上、
赤文字効果は有効であることは間違いない。


そのため独自ネットショップなどの,
自分で価格表示の色を変更可能な販路の場合、
商品の価格は必ず赤文字にしよう。



というよりも、
ネットショップはほとんどの場合、初期設定が赤文字になっているので、
それを無理に変更しないようにする。


また、ヤフオクやアマゾン等のプラットフォームでは、
商品価格の色は自分で変更することは出来ないが、
そのほとんどがデフォルトで赤文字になっているので問題ない。


独自ネットショップなどの自分でHTMLで表示を変更することが前提の販路の場合、
価格設定は必ず赤文字にしよう。


また、価格設定だけでなく、
「SALE」や「割引中」などのアピールしたい文字も、
赤文字にすることによって、より消費者の消費という行動を促進
させやすくなる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上が本日の講義となります。


ぜひ参考にしてみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。



【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 タグ
None
Copyright © 自由を手に入れるネットビジネス講座 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます