ゆのきちです。


今回レビューしていくのは仕事術に関する本なのですが、
自分に足りないところを再認識させてくれた素晴らしい本だったので、
それをあらためてご紹介したいと思います。




タイトル:カエルを食べてしまえ!
著者:ブライアントレーシー



まずこの本を書いたブライアン・トレーシーは
アメリカでも有名なコンサルタントです。


彼は高校中退後、数々の仕事を経験し、
自力で億万長者への道を切り拓いた成功者。


そんな彼が仕事術について書いている本なのですが、
この本で一貫して伝えているのは、


「その日に最も重要でやっかいな仕事から取り掛かろう」


という事。


で、これって私も含めて意外と出来ていない人が多かったりするんですよね。


どうしても簡単で単純な仕事から手をつけがちなのですが、
著者のブライアントレイシーはそこに「待った」をかけているわけです。


やはり単純作業の方が取り掛かりやすいので
ほとんどの人がそうしがちですが、
その日にまず真っ先に取り組むべきは「重要な仕事」なんですね。


例えばですが、企画書を作ったり、
プレゼンテーションのシナリオを考えたりと、
クリエイティブが伴うような重要で辛い仕事こそ、
真っ先に手をつけていくべきだと彼は語っています。


そうやって重要な仕事を真っ先にやり遂げる事で、
脳内に「エンドルフィン」が放出され、
すっきりとした気分になり、
自分は有能であるという自信が持てるようになるからです。


で、その状態を「ポジティブ中毒」と呼び、
その「中毒」によって重要な仕事も何も考えずに取り掛かり、
やり遂げる事ができるようになる。


そして、それこそが成功の為に身につける習慣との事でした。


それを習慣にするのは最初は大変な事かもしれませんが、
心と筋肉は似ているもので、
その訓練を積み重ねる事で心が強くなり、
重要な仕事から取り掛かる事が習慣化されるようになります。


そういった習慣を身に付ければ、
私生活でも仕事でも成功し、
前進していく事ができると彼は語っています。


ちなみにこの本のタイトルである、


「カエルを食べてしまえ!」


の「カエル」ですが、このカエルこそが、
「あなたにとって最も難しく重要な事」を意味しています。


ですから、「カエルを食べてしまえ!」というのは、


「目の前の重要な事をまずは片付けてしまえ!」


という事なんですね。


私自身、重要で難しい仕事を後回しにしがちだったのですが、
この本を読んでからは、
グズグズせずに真っ先にカエルを食べる癖を付けるようにしました。


で、実際にその方が明らかにビジネスも順調でした。


やはりアメリカの成功者が言う事は
間違っていなかったようです。


という事で、
本の要約としては以上のような感じですが、
この本で私の心に残った箇所を少しだけご紹介します。




・素晴らしい生活を送り、仕事で成功をおさめ、幸せを実感するカギは、重要な仕事をやりとげる習慣を身につけることである。

・どうでもいいことを先にやろうとしてはいけない

・行動を起こすのに簡単でかつ効果的な方法は、「すぐやれ!いますぐやれ!」と繰り返し自分に言い聞かせることである。

・とりかかったら完全になしとげるまで気を散らしたりせず頑張ろう。決意したことをやりぬくことができる人間かどうかが”試されている”のだと考えよう。

-引用:カエルを食べてしまえ! ブライアントレーシー





今回の書籍レビューは以上となります。


「カエルを食べてしまえ!」、おすすめの本です。


ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 カテゴリ
 タグ
None