ゆのきちです。


私は割と自己啓発系の本は読み倒してきましたが、
その中でも、


「紛れもなくこれは本質だ!」


と思わせてくれる書籍がありましたので、
早速レビューしていきたいと思います。





タイトル:君に成功を贈る
著者:中村天風



まずこの本の著者である中村天風さんですが、
数多くの人々に影響を与えている人で、
「日本の成功哲学の元祖」とも呼ばれたりしています。


その中村天風さんを「師」として仰いでいる人には、
これまた有名なリーダーが多く、


・東郷平八郎

・原敬

・松下幸之助

・ロックフェラー三世

・稲盛和夫



などなど、
このような名だたる時代のリーダー達が
この中村天風さんの哲学に魅了され
彼を心服しているのです。


そのように、
中村天風さんの哲学は一般の人から時代のリーダーたちまで
様々な人に影響を与えています。


そんな中村天風さんによる「君に成功を贈る」というこの本には、
彼の成功哲学が詰まっており、
成功したいなら絶対に読んでおくべきでしょう。


で、肝心の中身なんですが、
まず文字が大きくて見やすいと感じました。


さらに彼の公演の内容をベースに書かれているので、
読み手に語りかけてくるような口調になっています。


だから読んでいて理解もしやすい。


この本の中では
中村天風さんの教えが「54個」語られているわけですが、
この本を一言で要約するとしたら


「自分自身の心の持ち方によって人生は決まる」


という感じになってくるかと思います。


要するに普段から考えてる事によって
人生は創られているわけです。


このような事は、
ナポレオンヒルの「思考は現実化する」や、
ジェームズアレンの「原因と結果の法則」など
自己啓発の名著と言われるような本でも
共通して語られています。


ですからこれは真理というか、
成功のための本質なんだなと思います。


ただ、
この本はそれらのような西洋の自己啓発書ではなく、
日本人である中村天風さんによる自己啓発書というのがポイント。


そのような成功のための本質を中村天風さんが
より日本人の心に響くようにこの本を通して語りかけてくるんです。


まさに日本人による日本人のための自己啓発書。


絶対に読んでほしい一冊ですね。


ちなみにこの本はどの部分も勉強になるのですが、
その中でも特に心に残った箇所を簡単にご紹介します。



・あの豊臣秀吉という人、あのとおり異常な出世成功したのも、他人に好かれるという要素があったからなんです。

・他人に嫌われるまえに自分が他人を嫌うな

・箸と茶碗を手にした刹那、「世間には飯が食べられないで困っている人間もあるだろうに、こうやってつつがなく頂戴できるのか。ああ、ありがたや。」と思う気持ちだけでも持つのが当然でしょう。

・自分自身を自分自身が磨かない限り、自分というものは本当にえらくならない

・若いときでも、その時、偶然の機会で聞かされたことが一生忘れないで、自己人生の大きな守りになる、ということがあるんですよ。

・人間を生かしている、この神経の働きを堅持するには、「心の態度」というものが何よりも必要だ、ということなんです。ではいかなる態度が必要かというと、積極的という心の態度です。ひらったく言うと、心を強く保つこと。心をいつも明るく朗らかにするということなんです。

・心の尊さと強さと正しさと清らかさが、万が万が一にも失われてしまうと、心が弱くなる。するとたちまちものの声に応ずるように神経の働きも弱まっちまうんであります。

・どんな場合にも、「こまった」「弱った」「情けない」「悲しい」「腹がたつ」「助けてくれ」なんていう消極的な言葉を絶対に口にしないことです。

・具合が悪いときに具合が悪いと言ったら、具合が悪いのが治りますか?

・「あ、これは消極的だ」って感じたら、だんぜん受け入れない。も、パッとうち消しちゃいなさい。

・心の持ちかたが一番人生に大切である

・(豊臣秀吉は)見るもはかない、乞食にも劣ったような、水呑百姓の家に生まれながら、「自分は他日、必ずえらい人間になれる人間だ」ということを思い込んでいた。

・いかなる場合でも、心の力を落としてはならない。終始一貫、積極的な心の態度をもって人生に生きなさい。

・あなた方の思い方や考え方が、現在あるがごときあなた方にしている

・この世の中、よほど自分自身で消極的な暗示から自分自身を守っていなけりゃ、そりゃもう、のべつ消極的暗示で充満してますからね。

・心配したり煩悶すればするほど、よけい心配したり煩悶しなければならない結果が表れてくるとしたら、どうしても心配しなければならないときでも、むしろ心配しないほうが得じゃないかと思うんですが、いかがですか?ここが哲学ですよ。

・どんな名医や名薬といえども、たのしい、おもしろい、嬉しい、というものにまさる効果は絶対にないんです。

・そもそもこの笑いというものは、生きとし生けるすべての生物の中で、われわれ人間にだけ与えられている特殊の作用なんですぜ。

・どこまでもまず人間をつくれ。それから後が経営であり、あるいはまた事業である。

・鉛は鉛、金は金。鉛に金メッキして、俺は金だというような顔をしなさんな。

・自分が心配、怖れたりしている時、「いや、これは俺の心の本当の思い方、考え方じゃない」と気づきなさい。

・「悲しいこと」「腹のたつこと」「気がかりなこと」など消極的なことは寝床の中に一切もちこまない。


-引用- 君に成功を贈る 中村天風



以上が特に私の心に残った箇所です。


あなたはどのあたりが響きましたか?


中村天風さんの教えはまさに成功のための本質だと思いますし、
読むだけでも心がスーっと軽くなるので、
ぜひお試しあれ。


以上、私のこの本を読んだ感想でした!


最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【追伸】

私の運営するメインブログの方では、
ネットビジネスの中でも「輸入転売」に特化して稼げる情報を発信しています。

>私のメインブログはこちら

なお、このメインブログでは無料メルマガを発行しており、
あなたがたとえ輸入転売をゼロから始めたとしても、
「月収100万円」や「月収200万円」といった大きな収入を達成できるような
”業界きってのノウハウ”を伝授していくメルマガになっています。

あなたにも私と同様の結果を出してもらう為のノウハウを、
講座形式で1通ずつメールにて提供中。

メルマガの登録も購読も完全に無料ですので、
輸入転売というビジネスに1ミリでも興味があるようでしたら、
ぜひ登録して稼げるノウハウをゲットしてみてはいかがですか?

>ネット輸入ビジネスの無料メルマガ講座はこちら

今なら「輸入転売の教科書」と「稼げるブランド100選」をプレゼントしているので、
未経験の方でもガッツリ稼いでいくことも可能です。

興味があれば、ぜひ。






 カテゴリ
 タグ
None